Wednesday, April 27, 2005

 

しそ油でダイエット

シソの葉は蘇葉といって、漢方生薬のひとつです。シソ(しそ)の名は葉が紫色で、香気がさわやかで食欲がすすみ、人を蘇らせることからつけられました。



細胞が若返るシソパワーを徹底解明



食卓の脇役だった「シソ」に、すばらしいパワーがあることが判明。 シソには血糖値の上昇を抑えるパワーがあり美肌を作ることなど健康パワーが注目されています。シソの秘められた効能とシソの上手な食べ方を紹介します。



シソに含まれるロズマリン酸が、体内に取り込まれた麦芽糖がブドウ糖に変化するのを邪魔することが身近の研究でわかってきました。このロズマリン酸の作用で余分な糖分が体内に入って来ない為中性脂肪の上昇も抑えられ、ダイエット効果も得られる事を実験結果などをもとにわかりやすく解説。しかし、その為に必要なシソの葉の1日の摂取目安量が20~30枚と聞いてビックリ!





シソの効果は、防腐作用です。さしみなど料理についているシソは、食中毒や魚毒、貝毒などを効果が認められています。またシソの葉には気分を壮快にする働きもあり、シソ茶はストレスや初期の風邪にお奨めです。

また、入浴剤として浴槽に入れる方法があります。体が暖まり、冷え性、肩こり、神経痛、リウマチに効果が認められます。

しそ油(エゴマ油)でダイエット!?

油で脂を燃やす!?

『エゴマ』はシソ科に属する植物で、地域によってはジュウネン、アブラエ、エグサなどと呼ばれます。

原産地は、インド、中国といわれていますが、定かではなく、東アジア、東南アジア、南アジアで広く栽培されています。



この『エゴマ』の種を圧搾・生成した油が『シソ油』(『えごま油』)です。





シソは最近では、花粉症を防ぐハーブとして人気がありよく利用されるようになってきました。シソの葉や種に含まれるポリフェノールが、鼻づまりの原因となるロイコトリエンや、くしゃみや鼻水、目のかゆみを引き起こすヒスタミンの生成を抑えると言われています。


シソ しそ 紫蘇エキスはα-リノレン酸が豊富で様々なシソ しそ 紫蘇の働きが健康に注目されています。


new2 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 "_blank">237 new3 238 239

240 241 242 243 244 245 246 247 248new4 249 "http://bbs1.jp-ramen.com/" target="_blank">250 251 252 253 254 255 256 257 258

259 260 261 262 263 264 265 266 new5 267 268 "_blank">269 270 271 272 273 

274
 275 276 277 278 279 280 290 300 301 302 target="_blank">303 304





シソはさしみのツマなどでお馴染みですが、あるある大辞典などでも特集された話題の健康食品だったのです。

ダイエットに日頃の健康維持にシソは話題の食品なのです。日本で古くから栽培されていて、野生化したものも見かけます。栽培品種としては、大きくアオジソ系とアカジソ系に分けられる。利用方法によって葉、穂、果実を使い分けるなど、シソは日本のハーブの中で一番親しまれているといってもいいのです。

new36 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 "_blank">36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 "http://up10.jp-korea.com/bbs.cgi" target="_blank">47



これからは脱毛 除毛 ムダ毛処理 の季節!綺麗なおはだの為に ムダ毛処理 脱毛 除毛 は欠かせません

無理なく脱毛できる商品のご紹介です。



カバノアナタケは昔から人気の免疫健康食品です。カバノアナタケを日頃の健康維持にお役立てください。



Comments: Post a Comment

<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?