Friday, May 27, 2005

 

減量

ダイエットにむけて、自分の今の体の状態をしっかり把握することが大事です。 

短期間に体重が減ったとしても、体調を壊したり、ストレスが溜まったら

意味がありません。ダイエットの本当の目的は、奇麗に・健康的に痩せる事だから。

減量は食事で摂取するカロリーと日常の生活や運動で消費されるカロリー(エ

ネルギー)の加減で決まります、日常の生活で毎日少しずつ運動量を増やすだけでも

ダイエットは可能です。




出来るだけカロリー計算表などを利用しながら少しずつ減量することをお奨め

いたします。

一番望ましい減量の過程は体重が増減しながら長期的に痩せていくということ

です。




new4 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258

259 260 261 262 263 264 265 266 new5 267 268 "_blank">269 270 271 272 273 

274
 275 276 277 278 279 280 290 300 301 302 target="_blank">303 304

それほど食べていないのに痩せないということは消費するカロリーが少ないか基礎代

謝量が落ちているのだと思います。

平均で一日の女性成人であれば2000Kclは毎日消費しなければなりません。

ちなみに成人の方が運動で例えば300kcal消費するのに散歩ですと110分程歩かな

かればなりません。

体の中の脂肪の割合をチェックするのが、体脂肪率。

blognew 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 "http://sakemairo.blogspot.com/" target="_blank">323 324 325 

326 327 328 329 330 331 332 333 334 

日本人の女性の平均が大体 21%~24%くらい。 

「体重が何kg減ったかよりも、ダイエットにおいて問題なのは脂肪の量です。目的は皮下脂肪を落とす事、そのために、体脂肪率を把握しておきましょう

脱毛にはパイナップル豆乳ローションがお奨めです。パイナップル豆乳ローションでツルツルお肌を!

アスタキサンチンは、血液の流れで全身に行きわたって抗酸化作用を発揮し、体内の過剰な活性酸素による酸化を抑えます。アスタキサンチン効果はシミやしわを改善する美肌・美白効果、白内障の予防や改善、動脈硬化の予防、心臓病予防、免疫力強化、抗がん作用など多岐にわたります。クレアチンはアミノ酸の一種で、動物の筋肉の中に含まれているため肉や魚といった食品に含まれ人体では95%が筋肉に存在しています"_blank">クレアチンには乳酸の生成を抑える働きもあるため筋肉疲労までの時間が延び、エネルギーを再び生み出せる状態になるのです。



ダイエット-diet-の意味は「食餌療法・(病人の)規定食 」、

ダイエットとは食事制限(摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを取ること)

によって体重を生活するために適するよう調節することをさします。

また、大事な意味合いにおいて、栄養を摂る、食事をするという言葉でもあります。

dietician→栄養士 

つまり、ダイエットとは無理な減食や絶食で体重を落とすのでは無く

食べながら、しかもきちんと栄養を摂りながら、筋肉や骨を

減らすことなく、健康な肉体を育成するということです。

巷にあふれるダイエット・健康食品・サプリメント・・

ダイエットにむけて、自分の今の体の状態をしっかり把握することが大事です。 

短期間に体重が減ったとしても、体調を壊したり、ストレスが溜まったら

意味がありません。ダイエットの本当の目的は、奇麗に・健康的に痩せる事だから。

ダイエットは食事で摂取するカロリーと日常の生活や運動で消費されるカロリー(エ

ネルギー)の加減で決まります、日常の生活で毎日少しずつ運動量を増やすだけでも

ダイエットは可能です。

出来るだけカロリー計算表などを利用しながら少しずつダイエットすることをお奨め

いたします。

一番望ましいダイエットの過程は体重が増減しながら長期的に痩せていくということ

です。

それほど食べていないのに痩せないということは消費するカロリーが少ないか基礎代

謝量が落ちているのだと思います。

平均で一日の女性成人であれば2000Kclは毎日消費しなければなりません。

ちなみに成人の方が運動で例えば300kcal消費するのに散歩ですと110分程歩かな

かればなりません。

体の中の脂肪の割合をチェックするのが、体脂肪率。

日本人の女性の平均が大体 21%~24%くらい。 

「体重が何kg減ったかよりも、ダイエットにおいて問題なのは脂肪の量です。目的は皮下脂肪を落とす事、そのために、体脂肪率を把握しておきましょう

これが30%を越えると赤信号です!健康的によくありません。

いろいろな病気を併発する可能性が・・・・ダイエットが必要です。。

体脂肪率が10%以下になると健康的によくなく、生理がとまったり

することがあります。最低でも、10%以上は、維持しましょう。



食事制限だけのダイエットでは、体重が落ちても

体脂肪率が上がってることもあります 

そこでダイエット健康食品・サプリメントの登場です

これらの食品と運動で筋肉を落とさず脂肪を

燃焼させる事がダイエットへの近道なんです。

ゲルマニウム温浴は話題の入浴法です。

ダイエットにおいて肥満は、単に体重の重さだけでは判断できません。 

身体を構成する成分のうち、脂肪組織の割合が正常値を超えている状態をいいます。

人間のからだは60%くらいが水分で、残りがたんぱく質、ミネラル、糖質、脂肪です。

このうち脂肪の構成成分割合によって、肥満か肥満でないかを判断します。

また、この構成成分のなかの脂肪成分割合を体脂肪率といいます。 

体脂肪が増えると体重は増えますが、体重が重いからといって肥満であるとは限りません。

体重が標準でも、脂肪が多すぎることを隠れ肥満と言い、  

*更年期に基礎代謝が落ち、運動もしないのに体重が若いときと変わらない人 。

*昔は運動をして筋肉質だったが、その後運動をしなくなっても体重の変わらない人。

*ダイエットに失敗し、リバウンドのたびに体重が逆戻りしている人

に多くみられます。


Comments: Post a Comment

<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?