Monday, June 13, 2005

 

クレアチン サプリメント

SPFウォーターはベタつかないサラッとした仕上がりで全身を紫外線からガード!

シュッと一吹きするだけ!SPFウォーターは衣類・髪にも使える日焼け止めスプレー

SPFウォーターは紫外線からお肌を守るビタミンC、お肌にうるおいを与える「尿素」配合


クレアチンはアミノ酸の中でももっともダイエットに効果があり、必要な成分だと話題です。クレアチンは筋肉に深く関係したアミノ酸として話題の成分となっています。クレアチンはご家族みなさまの健全で健康的なダイエット生活を応援します!

クレアチンとは??

クレアチンはアミノ酸の一種、アルギニン、メチオニン、グリシンから成る物質で、体内では腎臓、肝臓、膵臓で作られ95%が筋肉に存在しています。最近の研究では、クレアチンの摂取とトレーニングによって体重の増加、それも筋肉のサイズや筋量が増えるという働きが話題になっています。クレアチンのスポーツにおける働きとしては主に、瞬発力を必要とする時ののエネルギー源となるATPを生み出し、筋肉内の老廃物、水素イオン(酸化物質)を掃除してくれ、筋肉疲労の原因である乳酸の生成を抑えることがわかっています。

クレアチン サプリメントを摂ると?

クレアチンが筋肉内に取り込まれ、クレアチンリン酸としてADPにリン酸を与えてATPを再合成します。またクレアチンには乳酸の生成を抑える働きもあるため筋肉疲労までの時間が延び、エネルギーを再び生み出せる状態になるのです。つまり、今まで以上にトレーニング・運動のレベルが上がるわけです。このような運動とエネルギーを調和させ、人体に良い影響をもたらすクレアチンは今、アスリートだけでなく、現代人のストレスからくる様々な問題をも解決してくれる夢のサプリメントなのです。

■クレアチンで筋肉が増える?

クレアチンを1日20g、1週間経口服用すると,筋肉中のクレアチンが約20%増えると考えられています。クレアチンでの筋肉増加率は個人差がありますが、炭水化物やタンパク質と共に服用したり、トレーニングを併用することで効率良く増えると考えられています。激しい運動の持続時間は、筋肉内のクレアチンの量に依存すると考えられています。クレアチンの増加に伴い運動機能が上昇、トレーニング効果との相乗効果で筋肉が増加する考えられています。

■自然食品でクレアチンをとると・・・

クレアチンは筋肉内に存在する物質です。実は、肉や魚にもクレアチンは含まれているのです。しかし5gのクレアチンを摂取するためには、肉なら約1kg、魚でも約500gも食べなければならないのです。

■身体の中のクレアチン

クレアチンはタンパク質を作る材料であるアミノ酸の一種です。体内にあるクレアチンのほとんどは骨格筋に貯えられており、残りの数パーセントが心臓、脳、精巣に貯えられています。健康な平均男性のクレアチン体内量は約120gで、一日約2gが代謝されると言われます。通常クレアチンは食品から摂取されたり、他のアミノ酸から肝臓や腎臓、脾臓で合成されたりします。


紅麹は日本人が日常食べていて、慣れ親しんでいる味噌・醤油などに用いられる「黄麹」の仲間で学名を「モナスカス属」と呼ばれます。紅麹 紅こうじ ベニコウジとは、お酒や味噌・醤油などを作る時に使用される麹の一種ですが、一般の麹とは異なり鮮やかな紅色をしているため紅麹(紅こうじ)と呼ばれています。近年、紅麹は化学的な分析のもとに、"#FF0000">コレステロールを下げる物質(モナコリン類)や、血圧を正常にする働きを持つギャバ(GABA)等が見つかり、紅麹(紅こうじ)の持つ健康パワーが話題となっています。

古くから、"_blank">紅麹は中国で出版された「本草綱目」に掲載され、「消食活血」「健脾燥胃」等の効果があるといわれています。これは「消化を助け、血の巡りを良くする」「内臓を強くし、胃をスカッとさせる」と言う意味です。日本でも、紅麹は昔から愛用され、沖縄地方でこの紅麹を用いた豆腐よう、紅ムーチなども人気です。近年、紅麹は化学的な分析のもとに、コレステロールを下げる物質(モナコリン類)や、血圧を正常にする働きを持つ(GABA)等が見つかり、紅麹(紅こうじ)の持つ健康パワーが話題となっています。紅麹(紅こうじ)とは、お酒や味噌・醤油などを作る時に使用される麹の一種ですが、一般の麹とは異なり鮮やかな紅色をしているため紅麹(紅こうじ)と呼ばれています。"http://jp-kenko.com/benikouji/" target="_blank">紅麹 紅こうじ ベニコウジでコレステロールをさげ、ご家族みなさまの健康維持におやくだてください。

紅麹(紅こうじ)は古くから中国・台湾地方で紅酒、老酒などの製造原料として利用されていました。麹は穀類などのデンプン質に麹菌を繁殖させたもので、日本酒や醤油、みそなどの製造でできるものです。麹は麹菌の胞子によって、黄麹、紅麹、黒麹に分けられます。紅麹は紅色をしていて、紅酒や紅老酒、紅乳菌などの醸造に、中国や台湾で昔から使われています。近年、紅麹(紅こうじ)の様々な身体への働きが注目されています。紅麹(紅こうじ)をご家族みなさまの健康維持におやくだてください。紅麹は日本人が日常食べていて、慣れ親しんでいる味噌・醤油などに用いられる「黄麹」の仲間で学名を「モナスカス属」と呼ばれます。

近年、紅麹(紅こうじ)の様々な身体への働きが注目されています。




blognew 448 449 450 451 452 453 454 456 457 "_blank">458 459 460 461 462 463 464 465 466 



寒天は「あるある大辞典」で特集された注目の食材です。

日本古来の寒天に驚くべきパワーのあることが明らかに!寒天ダイエットはあるある大辞典でも特集され、血糖値やコレステロール、体脂肪、血圧などを下げ基礎代謝まであげ効果も歴然、また善玉菌をふやし、排便作用を促す・・・など、身体に有効に働くのです!!

毎日口にするには調理法の発想があまり広がらない粉寒天やところてんなど・・・・

そこでトマトジュースからつくる「トマト寒天」「梅ところてん」などはお奨めです。また日本一の生産地帯、長野県諏訪地方では扱いやすい粉寒天を緑茶やコーヒーなどにいれて飲んだりしています。寒天ダイエットは分量が多すぎると体内の水分が失われ脱水症状を招くこともあるので注意しましょう。この他、寒天ご飯や寒天味噌汁、寒天茶など、色々な方法で食することができるのです。


Comments: Post a Comment

<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?