Wednesday, June 15, 2005

 

噂の紅麹

紅麹は日本人が日常食べていて、慣れ親しんでいる味噌・醤油などに用いられる「黄麹」の仲間で学名を「モナスカス属」と呼ばれます。紅麹 紅こうじ ベニコウジとは、お酒や味噌・醤油などを作る時に使用される麹の一種ですが、一般の麹とは異なり鮮やかな紅色をしているため紅麹(紅こうじ)と呼ばれています。近年、紅麹は化学的な分析のもとに、コレステロールを下げる物質(モナコリン類)や、血圧を正常にする働きを持つギャバ(GABA)等が見つかり、紅麹(紅こうじ)の持つ健康パワーが話題となっています。

古くから、紅麹は中国で出版された「本草綱目」に掲載され、「消食活血」「健脾燥胃」等の効果があるといわれています。これは「消化を助け、血の巡りを良くする」「内臓を強くし、胃をスカッとさせる」と言う意味です。日本でも、紅麹は昔から愛用され、沖縄地方でこの紅麹を用いた豆腐よう、紅ムーチなども人気です。近年、紅麹は化学的な分析のもとに、コレステロールを下げる物質(モナコリン類)や、血圧を正常にする働きを持つ(GABA)等が見つかり、紅麹(紅こうじ)の持つ健康パワーが話題となっています。紅麹(紅こうじ)とは、お酒や味噌・醤油などを作る時に使用される麹の一種ですが、一般の麹とは異なり鮮やかな紅色をしているため紅麹(紅こうじ)と呼ばれています。紅麹 紅こうじ ベニコウジでコレステロールをさげ、ご家族みなさまの健康維持におやくだてください。


クレアチンはアミノ酸の中でももっともダイエットに効果があり、必要な成分だと話題です。クレアチンは筋肉に深く関係したアミノ酸として話題の成分となっています。クレアチンはご家族みなさまの健全で健康的なダイエット生活を応援します!

クレアチンとは??

クレアチンはアミノ酸の一種、アルギニン、メチオニン、グリシンから成る物質で、体内では腎臓、肝臓、膵臓で作られ95%が筋肉に存在しています。最近の研究では、クレアチンの摂取とトレーニングによって体重の増加、それも筋肉のサイズや筋量が増えるという働きが話題になっています。クレアチンのスポーツにおける働きとしては主に、瞬発力を必要とする時ののエネルギー源となるATPを生み出し、筋肉内の老廃物、水素イオン(酸化物質)を掃除してくれ、筋肉疲労の原因である乳酸の生成を抑えることがわかっています。

クレアチン サプリメントを摂ると?

クレアチンが筋肉内に取り込まれ、クレアチンリン酸としてADPにリン酸を与えてATPを再合成します。またクレアチンには乳酸の生成を抑える働きもあるため筋肉疲労までの時間が延び、エネルギーを再び生み出せる状態になるのです。つまり、今まで以上にトレーニング・運動のレベルが上がるわけです。このような運動とエネルギーを調和させ、人体に良い影響をもたらすクレアチンは今、アスリートだけでなく、現代人のストレスからくる様々な問題をも解決してくれる夢のサプリメントなのです。驚きの洗浄力と高い安全性!洗剤革命はまさに理想の次世代洗剤です。洗剤革命・洗浄力の次世代洗剤. 人に優しく、地球に優しい、多目的高機能洗剤!『洗剤革命』洗剤革命は、もともと、医療器具の洗浄剤として開発された技術を応用したものです。




Comments: Post a Comment

<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?