Monday, June 20, 2005

 

クレアチンでアミノ酸ダイエット

クレアチンはアミノ酸の中でももっともダイエットに効果があり、必要な成分だと話題です。クレアチンは筋肉に深く関係したアミノ酸として話題の成分となっています。クレアチンはご家族みなさまの健全で健康的な健康生活を応援します!オルニチンはアミノ酸の中でももっともダイエットと美肌に効果がある成分です。アミノ酸の中でもオルニチンは傷ついたお肌を修復する大切な働きを担う成分です。 オルニチンをご家族みなさまの健康維持にお役立てください。new45 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 


クレアチンはアミノ酸の一種、アルギニン、メチオニン、グリシンから成る物質で、体内では腎臓、肝臓、膵臓で作られます。最近の研究では、クレアチンの摂取とトレーニングによって体重の増加それも筋肉のサイズや筋量(除脂肪体重)が増えるという結果を得て話題になっています。クレアチンのスポーツにおける働きとしては主に、瞬発力を必要とする祭のエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)を生み出し、筋肉疲労の一因となる筋肉内の老廃物、水素イオン(酸化物質)を掃除してくれます。

ATP=アデノシン三リン酸は、アデノシン+三つのリン酸からなっています。ATPは三つのリン酸の内一つのリン酸を放出してADP(アデノシン二リン酸)となります。また瞬発力を必要とする運動などで生成される乳酸が蓄積されると、水素イオンが発生し筋肉中のpH(ペーハー)が酸性に傾き、筋肉疲労を感じやすくなります。

クレアチンが筋肉内に取り込まれ、クレアチンリン酸としてADPにリン酸を与えてATPを再合成しもう、一度エネルギーとなる要素を生み出します。またクレアチンには乳酸の生成を抑える働きもあります。(筋肉中のpHを中和する。筋肉疲労までの時間を延ばす。)簡単に言うと、筋肉疲労までの時間が延び、エネルギーを再び生み出せる。つまり、今まで以上にクレアチンによりトレーニング・運動のレベルが上がるわけです。アルファリポ酸はアンチエイジングの代表的な成分として、サプリメント先進国であるアメリカではすでに美容、健康の多くのサプリメントに配合されています。アルファリポ酸で美しくありたい!αリポ酸で美しいボディラインを目指しながらダイエットをしたい!そのような方にαリポ酸はオススメです。


blognew 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 

寒天は「あるある大辞典」で特集された注目の健康食材です。日本古来の寒天に驚くべきパワーのあることが明らかに!寒天ダイエットはあるある大辞典でも特集され、血糖値やコレステロール、体脂肪、血圧などを下げ基礎代謝まであげ効果も歴然、また善玉菌をふやし、排便作用を促す・・・など、身体に有効に働くのです。毎日口にするには調理法の発想があまり広がらない粉寒天やところてんなど・・・・そこでトマトジュースからつくる「トマト寒天」「梅ところてん」などはお奨めです。また長野県諏訪地方では扱いやすい粉寒天を緑茶やコーヒーなどにいれて飲んだりしています。寒天ダイエットは分量が多すぎると体内の水分が失われ脱水症状を招くこともあるので注意しましょう。この他、寒天ご飯や寒天味噌汁、寒天茶など、色々な方法で食することができるのです。



デジカメプリントはプリントコムへフジカラー純正仕上げ15円!安い!早い!きれい!

アスタキサンチンは美白美肌を応援する成分です。アスタキサンチンは、天然色素であるカロチノイドの一種です。アスタキサンチンは藻類の一種に含まれており、食物連鎖の流れの中で魚介類の中に蓄えられます。サケやイクラ、エビ、カニなどにもアスタキサンチンは含まれており、その身体に働きかける作用はβ-カロチンの10倍、ビタミンEの1000倍とも言われています。アスタキサンチンはコエンザイムに続く健康食品ともいわれています


Comments: Post a Comment

<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?