Monday, October 24, 2005

 

禁煙

禁煙の歴史を考える
古くは、タバコは占いなどの儀式や病を煙で退治するという風に使われていたものです。時代の変化とともに、徐々に「喫煙」という風習に変化していったのです。そんな歴史を持ったタバコがなぜ嫌われるのでしょうか? 「タバコをの吸いすぎは健康に悪い」ことはわかっていても、ホントのところ、あんまり実感がわかない人の方が多いというのが現状です。タバコを吸うと肺がんになりやすいとはよく言われるけれど、他にもタバコにはいろいろな健康への影響があるようです。虚血性心疾患 心臓の筋肉への血液が流れづらくなったり、完全に流れなくなる病気。狭心症と心筋梗塞の2つがこれに当てはまります。 禁煙のための禁煙グッズや禁煙方法を考えなくてはなりません。慢牲気管支炎 喉の奥にある気管が炎症を起こしたままになってしまう病気。呼吸の度に「ゼーゼー」と、変な音を立てるようになってしまいます。肺気腫などの肺疾患 肺の機能が破壊される病気群。酷いものになると、呼吸困難に陥ることもあるそうです。 胃・十二指腸潰瘍などの消化器疾患 食道、胃、十二指腸、小腸、大腸の消化器や、肝臓、胆のう、すい臓などのあらゆる病気にもタバコは影響するようです。 また、タバコを1本吸うとビタミンCが25~100ミリグラムほど失われる為、シミやシワ、肌荒れなどの原因にもなるといわれています。
2003年1月27日、日本医師会が、世界的にタバコの消費を押さえようとする世界保険機関(WHO)の「タバコ規制枠組み条約」を応援するために、財務大臣、厚生労働大臣、外務大臣宛に要望書を提出。 そして、アンチタバコの流れに乗って、煙草のパッケージの警告文の改定が決定。 禁煙のために禁煙グッズや禁煙方法をお考え下さい。
「肺癌の原因になるとの警告」
「心筋梗塞の原因になるとの警告」
「脳卒中の原因になるとの警告」
「肺気腫の原因になるとの警告」
「妊婦の喫煙に対する警告」
「受動喫煙の影響」
「ニコチンによる喫煙への依存の存在」
「未成年者の喫煙防止」
-5Kg以上痩せたい方へお奨めなのがノンストップダイエット!「NON STOP」停滞期に勝つためのダイエット!ノンストップとは停滞期までに安全な体を作る安心&安全成分が凝縮された業界初!停滞期知らずのダイエット!ノンストップ ダイエットです。血液と基礎代謝の相乗効果で元気にしましょう!!「NON STOP」ものすごい数の乳酸菌が貴方の腸を、超元気にする!元気その1 悪玉菌を抑えちょうないの毒素・腐敗物が現象!元気その2 腸内のぜん動運動をフル活動!元気その3 腸内の水分をバランスよく調節・便秘をなくす元気その4 腸が若返るノンストップダイエットの3大パワー!サラサラ血液&基礎代謝UP!ジフシパワー ノンストップダイエットその1イーエフパワー乳酸菌が腸壁を大掃除!その2太った体になると小腸の絨毛が大きくなり余分な脂肪&糖質を吸収しやすくなる!その3サポニンが絨毛を正常に働きがあり吸収を正常に戻します 天災、防災からは自らの手で守りましょう。いざという時の為に・・・・・日本列島では毎日のように震度3以上の地震が起きています。身体に体感できないものを含めると一日に数千件以上の地震がおきていると言われます。いつ、どこで地震がおきても良いように日頃の準備が必要です。地震は世界のどの地域でも発生するわけではなく、プレートが潜りこみを起す地域―太平洋を取り巻く地域とインドネシアからイタリアに至る地域―に集中して発生します。寝袋兼用リュック 防じんマスク パンの缶詰 ストロー浄水器 家具転倒防止ゲル 土のう 自ら自分の、また、ご家族の安全を守るという意識が必要です。緊急時に備えを防災グッズの常備をお奨めします。今日のわが国の都市は、巨大化し、情報通信網、交通網と多量の車両、ガスや電気などのライフラインなど都市のネットワークが複雑かつ高密に発達しています。さらに石油コンビナートなどの危険物施設や悪い地盤での住宅開発など、地震の被害を大きくする可能性を秘めているものも少なくありません。

緊急時に備え防災用品の常備をお奨めします。防災グッズそして防災用品 避難袋 防災ラジオ ヘルメット 携帯トイレ 非常持出袋 などで自ら自分の、また、ご家族の安全を守るという意識が必要です。平成7年の阪神・淡路大震災は、わが国における社会経済的な諸機能が高度に集積する都市を初めて直撃した直下型地震であり、死者・行方不明者5,500余名に上る甚大な被害をもたらしました。 new66 691 692 693 694 695 696 697 698 699 680 681 682 683 684 685 686 687 688 689 690 691 692 ラクトフェリン 免疫ミルクは哺乳動物の乳(ミルク)に含まれている多機能タンパク質で、最新のバイオ技術(超免疫技術)で作られたスターリミルクに代表される製品や、ラクトフェリンを含む健康食品がいくつか発売されています。生まれたばかりの赤ちゃんは心だけでなく、体も全く無垢の状態です。ですから、お母さんのお腹から突然出てきた赤ちゃんが、様々な病原菌に対抗するのは大変なことです。でも、そんな赤ちゃんを守るために、出産直後の母乳には、お母さんの体が作り出した抗体成分や免疫力を高める成分がたくさん含まれていて、怖い病原菌から赤ちゃんを守ることができるようになっているのです。ここに免疫ミルクの秘密があったのです。こうした母から子へと母乳をとおして与えられる免疫のしくみを「母子免疫」といいます。そのしくみは、発見から1世紀近くたった近年、免疫学の発達によって大きく進歩することになりました。免疫ミルク ラクトフェリンの成分を構成する母子免疫を支える母乳には、低下した免疫力を補い、健康回復を高め、自己免疫疾患の発症を遅らせるなどの効果のあることがわかってきたのです。赤ちゃんを守りつづける母乳は、今や大人の健康を守るラクトフェリンとして、世界中の熱い眼差しが向けられています。ラクトフェリン (免疫ミルク)をご家族みなさまのご健康にお役立てください。メシマコブは中国では桑黄(ソウオウ)と称され、桑の木に寄生するキノコです。メシマコブは、日本原産の薬用キノコで、Β-D-グルカンなどの高分子多糖体が豊富で近年様々な症状の緩和や健康生活を維持するために活用されています。メシマコブとは、野生の桑の木にコブ状に寄生するキノコの一種。以前から身体本来の持つ力に働きかけることが注目され、日本でも研究されてきたメシマコブですが、きわめて希少性が高く、菌糸体の培養が難しいとされています。長崎県の女島で多く採集されたことから、メシマコブ(俗名)と呼ばれたとされていますが、中国なでで桑黄と称するものの基原は、キコブタケであり、メシマコブとは基原が異なります。メシマコブの形態は、ツガサルノコシカケ等に似ているために、それらのキノコがメシマコブと間違えられることもあります。クロロゲン酸コーヒー はあるある大辞典で特集されクロロゲン酸がダイエットを応援する成分として注目されています。コーヒー クロロゲン酸はダイエットに話題の成分なのです。テレビ、雑誌などでも話題ののダイエット法としてコーヒーの焙煎前、クロロゲン酸 コーヒー状態の活用法が注目されています。コーヒーにはカフェインの他にもクロロゲン酸、タンニン、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどの成分が数多く含まれています。クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種でありコーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。このクロロゲン酸がダイエットに働きかけるということで話題となっています。コーヒーにはカフェインの他にもクロロゲン酸、タンニン、ニコチン酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどの成分が数多く含まれています。クロロゲン酸とはポリフェノール類の一種でありコーヒーの独特の香りを形成する成分の一つです。このクロロゲン酸がダイエットに働きかけるということで話題となっています。特にコーヒーの焙煎前のコーヒー ダイエット クロロゲン酸の状態がの様々な働きが注目されているのです。 new67 693 694 695 696 697 698 699 700 701 702 703 704 705 706 707 708 709 710 711 712
ガゴメ昆布は北海道南部の東海岸津軽海峡沿岸のみに分布する多年生の褐藻です。成長すると長さ2m幅20~50㎝ほどになり寿命は4~5年と言われてます。低温水域を好み水深10~25mの岩礁の上に生息する昆布のことをいいます。ガゴメという名前の由来は昆布の表面にあるカゴの目に似たデコボコからきています。このデコボコゆえに見栄えが良くないとされまた真昆布ほど出汁が取れない事もあってガゴメ昆布は食用としてはとろろ昆布やおぼろ昆布松前漬けの原料として利用されるくらいでした。ところが約10年前ガゴメ昆布には様々な優れた成分が含まれている事が判明し一躍脚光を浴びるようになりました。しかし残念な事にガゴメ昆布の水揚量は激減してます。
Comments: Post a Comment

<< Home

This page is powered by Blogger. Isn't yours?